熱中して貴族が遊んだゲーム

熱中して貴族が遊んだゲーム

イタリアの言葉でバカラはゼロという意味の言葉です。2箇所のこの先に配るほうをPLAYER(プレイヤー)といい、その反対に後に配るほうをBANKER(バンカー)といいます。

やはり敷居が貴族の遊び、というと高く感じますが大変すっきりしたゲームなので心配いりません。貴族が熱中してイタリア・イギリスといった国で遊んだゲームとして知られています。

どちらが勝つのか・引き分けるのかを、この架空のPLAYER(プレイヤー)とBANKER(バンカー)の実際のプレイヤーである皆様が賭ける、ということです。バカラ客専用の部屋を作ってあるカジノもリアルカジノの本場アメリカでもあり、他のゲームよりもミニマム(掛け金の下限)が高く、格式のばった習慣などがあり、敷居が一般のお客さんには不廉ゲームでした。

2箇所にディーラーが配る手のどちらが勝つか、または引き分けるかを当てるゲームとなります。架空の存在とお考え下さい。

「キング・オブ・ゲーム」とそんな由来からかいわれています。ちなみに、バカラといえばオンラインカジノにおいてもこのミニバカラを指します。

ルールはカジノ側の控除の率も低くシンプルなためゲームそのものは魅力的です。格式のばった習慣などを省略してアメリカではルールを進化させたミニバカラが一般のお客さんから人気です。

ディーラーと対戦するゲームではなく、バカラはプレイヤー同士での対戦ゲームでもありません。規則によりカードの配り方・引き方も決まっているため、何かをPLAYER/BANKERの勝負のなかで判断したり選択をしたりする事はありません。

ここでいうPLAYER(プレイヤー)というのはチップを賭けてる実際のプレイヤーを指してるのではありません。